コンドロイチンとは

近年、関節痛の予防と解消に大きな効果があると言われサプリメントの含有成分としてよく目にするコンドロイチン。コンドロイチンは今まで困難とされてきたすり減った軟骨の修復に大きな効果があるとして年配の方を中心に愛用されています。コンドロイチンは歳を取ってから大きな問題となる関節痛の特効薬として注目と人気を集めているのです。

コンドロイチンは軟骨周辺に存在している潤滑剤が全てと思われがちなものですが、実際には体内にまんべんなく分布しているものです。その中でも特に軟骨周辺のコンドロイチンが重要な役割を担うのです。コンドロイチンはタンパク質と結合した状態で軟骨周辺に存在し、高い親水性を持ちます。水分を豊富に含み、ゼラチン状となって存在することで高いクッション性を有しており、これが軟骨の保護に役立つのです。特に温度が上がると粘性が高まるという性質があり、運動中などはより高いクッション性と軟骨保護機能を発揮します。よく運動前にウォーミングアップをするように言われますが、関節に関して言えば軟骨周辺の潤滑剤を暖めて粘度を高めるために重要なことです。

このコンドロイチンが不足してくると、軟骨周辺の潤滑剤も減少してきます。このことが最初に問題として表面化するのは多くの場合膝で、立ち上がろうとしたときの膝痛が典型的です。膝痛が表面化してから治療を行うのは難しいので、そうなる前にコンドロイチンの摂取によって予防することが強く勧められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>