コンドロイチンの関節痛、股関節などへの治療効果とは

関節という部位は、きっとみなさんが想像する以上に極めて重要な部位と言えます。関節は骨と骨が接続する節であり、曲げるときに支点となる場所ですからどうしても負荷が集中することとなる部位です。例えば座っている状態から立ち上がるときには膝に大きな負荷がかかります。そのため関節への負担が繰り返されることにより関節痛などの問題が発生することもまた、よくあることなのです。

この関節痛、一度発生してしまうと中々治すのが困難なのが現実です。軟骨は全く再生しないわけではありませんが、どこの関節も日常生活においてかなり酷使するため、再生が摩耗を大きく上回ると言う状態を作りにくいのです。しかし、コンドロイチンとグルコサミンの同時摂取により少しずつですが軟骨を再生し、関節痛を改善していけることがわかってきました。

コンドロイチンとグルコサミンはどちらも軟骨を保護する潤滑剤の役割を担いますが、それだけでなく軟骨細胞の分裂促進と、分裂してできた新しい軟骨組織の強化という働きを持ちます。コンドロイチンとグルコサミンをセットで摂取することで、軟骨の再生促進が行われ、またその再生した新しい軟骨組織がすぐに潰されたり摩耗したりするのを防ぎ、軟骨強化に強い効果を示すのです。

従来は関節痛を根本的に治すとなると、対象部位を切り開きベースとなる金属を埋めたり他の部位の軟骨を移植したりと言った手術が必要とされましたが、これからはサプリメントなどの利用により負担なく関節痛を改善していけるとして大いに注目を集めているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>