コンドロイチンはグルコサミンと同時摂取により相乗効果を発揮する?

加齢によってすり減っていく軟骨を守ることは、歳を取っても元気に生きていくために非常に重要なテーマとなります。関節の中でも特に膝関節が摩耗してしまうと、立ち上がるだけでも膝が痛むようになり、生活に大きな支障をきたすようになってしまいます。軟骨はすり減ってから対処しようとしても、回復させるのは非常に困難ですので、摩耗の予防が基本となります。そしてその際に役立つのがグルコサミンとコンドロイチンなのです。

グルコサミンとコンドロイチンはどちらも軟骨の周りを満たす潤滑剤のような役割を果たし、軟骨への衝撃を緩和してくれます。また軟骨と接続している骨との摩擦も軽減し、摩擦の結果軟骨にトゲができることも防いでくれるため非常に重要なものです。さてこのグルコサミンとコンドロイチン、両方とも似たような役目を持った物質ですが、二つを同時に摂取することで相乗効果を生み、それぞれの効果を足した以上の働きを発揮します。グルコサミンは単なる潤滑剤としての働きだけでなく軟骨の細胞を再生させる働きがあるのですが、コンドロイチンはこの新しい軟骨細胞を強化し成長させる働きがあるのです。ですからグルコサミンとコンドロイチンをセットで摂ると、本来は困難な摩耗した軟骨の修復というのが現実的に可能となるのです。もちろん即効性があるほどではありませんが、この二つをセットで摂取し続けていけば軟骨を丈夫に保つことができるのは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>