コンドロイチンの効果や効能

コンドロイチンは関節の保護に役立つ成分として有名ですね。関節痛の改善を謳うコンドロイチンのサプリなどにもまずほとんど含まれていると言って良いこの成分、単純に軟骨の周りに存在して軟骨への衝撃を緩和するためのものと思われがちですが、それだけでなく高度な機能も有するのです。

コンドロイチンはそのほとんどがタンパク質と結合し、水分を豊富に含有した状態で存在します。これが軟骨への緩衝剤として働くのですが、その一方でコンドロイチンは軟骨そのものにも働きかけるのです。コンドロイチンは新しい軟骨細胞を強化する働きがあり、生まれたばかりで脆い軟骨組織がすぐに壊れてしまうのを防ぎます。関節というのは常に負荷がかかっている部位と言えるので、軟骨自体は緩やかに再生するのですが、実際に弱った軟骨が強化することがほとんどないのは再生よりも摩耗のほうがペースが速いからです。ましてや生まれたばかりの軟骨細胞は脆いため、少し骨とこすれたりするだけで剥離してしまうのです。これを防ぎ、新しい軟骨細胞をしっかりと定着させ、軟骨の強化に役立つのがコンドロイチンというわけです。

ただし、コンドロイチンを単独で摂取してもあまり劇的な効果は見込めないことが多いです。と言うのも、新しい軟骨細胞が生まれるペース自体が緩やかなため、コンドロイチンに新生組織を強化する効果があってもやはり軟骨が摩耗するペースに勝てないことが多いのです。そこでグルコサミンを同時摂取すると、軟骨の細胞分裂を加速化しより効果的に軟骨を強化できると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>