コンドロイチンはグルコサミンと同時摂取により相乗効果を発揮する?

加齢によってすり減っていく軟骨を守ることは、歳を取っても元気に生きていくために非常に重要なテーマとなります。関節の中でも特に膝関節が摩耗してしまうと、立ち上がるだけでも膝が痛むようになり、生活に大きな支障をきたすようになってしまいます。軟骨はすり減ってから対処しようとしても、回復させるのは非常に困難ですので、摩耗の予防が基本となります。そしてその際に役立つのがグルコサミンとコンドロイチンなのです。

グルコサミンとコンドロイチンはどちらも軟骨の周りを満たす潤滑剤のような役割を果たし、軟骨への衝撃を緩和してくれます。また軟骨と接続している骨との摩擦も軽減し、摩擦の結果軟骨にトゲができることも防いでくれるため非常に重要なものです。さてこのグルコサミンとコンドロイチン、両方とも似たような役目を持った物質ですが、二つを同時に摂取することで相乗効果を生み、それぞれの効果を足した以上の働きを発揮します。グルコサミンは単なる潤滑剤としての働きだけでなく軟骨の細胞を再生させる働きがあるのですが、コンドロイチンはこの新しい軟骨細胞を強化し成長させる働きがあるのです。ですからグルコサミンとコンドロイチンをセットで摂ると、本来は困難な摩耗した軟骨の修復というのが現実的に可能となるのです。もちろん即効性があるほどではありませんが、この二つをセットで摂取し続けていけば軟骨を丈夫に保つことができるのは間違いありません。

コンドロイチンの効果や効能

コンドロイチンは関節の保護に役立つ成分として有名ですね。関節痛の改善を謳うコンドロイチンのサプリなどにもまずほとんど含まれていると言って良いこの成分、単純に軟骨の周りに存在して軟骨への衝撃を緩和するためのものと思われがちですが、それだけでなく高度な機能も有するのです。

コンドロイチンはそのほとんどがタンパク質と結合し、水分を豊富に含有した状態で存在します。これが軟骨への緩衝剤として働くのですが、その一方でコンドロイチンは軟骨そのものにも働きかけるのです。コンドロイチンは新しい軟骨細胞を強化する働きがあり、生まれたばかりで脆い軟骨組織がすぐに壊れてしまうのを防ぎます。関節というのは常に負荷がかかっている部位と言えるので、軟骨自体は緩やかに再生するのですが、実際に弱った軟骨が強化することがほとんどないのは再生よりも摩耗のほうがペースが速いからです。ましてや生まれたばかりの軟骨細胞は脆いため、少し骨とこすれたりするだけで剥離してしまうのです。これを防ぎ、新しい軟骨細胞をしっかりと定着させ、軟骨の強化に役立つのがコンドロイチンというわけです。

ただし、コンドロイチンを単独で摂取してもあまり劇的な効果は見込めないことが多いです。と言うのも、新しい軟骨細胞が生まれるペース自体が緩やかなため、コンドロイチンに新生組織を強化する効果があってもやはり軟骨が摩耗するペースに勝てないことが多いのです。そこでグルコサミンを同時摂取すると、軟骨の細胞分裂を加速化しより効果的に軟骨を強化できると言われています。

コンドロイチンとは

近年、関節痛の予防と解消に大きな効果があると言われサプリメントの含有成分としてよく目にするコンドロイチン。コンドロイチンは今まで困難とされてきたすり減った軟骨の修復に大きな効果があるとして年配の方を中心に愛用されています。コンドロイチンは歳を取ってから大きな問題となる関節痛の特効薬として注目と人気を集めているのです。

コンドロイチンは軟骨周辺に存在している潤滑剤が全てと思われがちなものですが、実際には体内にまんべんなく分布しているものです。その中でも特に軟骨周辺のコンドロイチンが重要な役割を担うのです。コンドロイチンはタンパク質と結合した状態で軟骨周辺に存在し、高い親水性を持ちます。水分を豊富に含み、ゼラチン状となって存在することで高いクッション性を有しており、これが軟骨の保護に役立つのです。特に温度が上がると粘性が高まるという性質があり、運動中などはより高いクッション性と軟骨保護機能を発揮します。よく運動前にウォーミングアップをするように言われますが、関節に関して言えば軟骨周辺の潤滑剤を暖めて粘度を高めるために重要なことです。

このコンドロイチンが不足してくると、軟骨周辺の潤滑剤も減少してきます。このことが最初に問題として表面化するのは多くの場合膝で、立ち上がろうとしたときの膝痛が典型的です。膝痛が表面化してから治療を行うのは難しいので、そうなる前にコンドロイチンの摂取によって予防することが強く勧められます。

コンドロイチンの副作用

関節痛予防にコンドロイチンのサプリメント摂取が一般的になってきました。コンドロイチンは元々関節に非常に有用な成分と言うことはわかっていましたが、中々摂取する方法に乏しく、高価なサメの軟骨を買って食べるなどをするほかありませんでした。それが今ではサプリメントで手軽に摂取でき、コンドロイチンサプリメントの種類も選ぶほどあるのですから喜ばしいことです。

コンドロイチンは軟骨の周りに存在するゼラチン状の組織の主成分であり、タンパク質と結合して存在しています。このゼラチンの成分は全て安全性の非常に高い成分で構成されており、コンドロイチンも副作用はいまのところ確認されておりません。特に摂取量を厳しく管理する必要がないこともコンドロイチンのサプリメントが多くの人に受け入れられている理由の一つであり、安心してサプリメントを利用することができます。

ただし注意すべき点として、当然ながらコンドロイチンを過剰に摂取しても健康の役には立ちません。コンドロイチンは軟骨の周りに存在するもの以外は直接効果を発揮しないため、過剰分は全て排泄されるのみです。そのためサプリメントの用法用量は守って服用すべきでしょう。それと、サプリメントにはコンドロイチンのみが含まれているとは限りません。過剰摂取によって副作用が出る成分を配合していないとも限らないため、その意味でも用量はきちんと守り、効果が欲しいからといって大量に飲むようなことは避けましょう。

コンドロイチンの関節痛、股関節などへの治療効果とは

関節という部位は、きっとみなさんが想像する以上に極めて重要な部位と言えます。関節は骨と骨が接続する節であり、曲げるときに支点となる場所ですからどうしても負荷が集中することとなる部位です。例えば座っている状態から立ち上がるときには膝に大きな負荷がかかります。そのため関節への負担が繰り返されることにより関節痛などの問題が発生することもまた、よくあることなのです。

この関節痛、一度発生してしまうと中々治すのが困難なのが現実です。軟骨は全く再生しないわけではありませんが、どこの関節も日常生活においてかなり酷使するため、再生が摩耗を大きく上回ると言う状態を作りにくいのです。しかし、コンドロイチンとグルコサミンの同時摂取により少しずつですが軟骨を再生し、関節痛を改善していけることがわかってきました。

コンドロイチンとグルコサミンはどちらも軟骨を保護する潤滑剤の役割を担いますが、それだけでなく軟骨細胞の分裂促進と、分裂してできた新しい軟骨組織の強化という働きを持ちます。コンドロイチンとグルコサミンをセットで摂取することで、軟骨の再生促進が行われ、またその再生した新しい軟骨組織がすぐに潰されたり摩耗したりするのを防ぎ、軟骨強化に強い効果を示すのです。

従来は関節痛を根本的に治すとなると、対象部位を切り開きベースとなる金属を埋めたり他の部位の軟骨を移植したりと言った手術が必要とされましたが、これからはサプリメントなどの利用により負担なく関節痛を改善していけるとして大いに注目を集めているのです。